事故直後にやっておくこと

交通事故に巻き込まれた場合、まずやっておきたいのは警察への連絡です。
当事者になってしまうと、冷静さを失い、怠ってしまうことも珍しくありません。それに軽い交通事故だと、面倒だからと相手方に止められることもあるのです。しかし、頭に入れておきたいのは、何かしらのトラブルになった際には、誰にも助けてもらえません。何よりも被害者には警察に通報しないメリットはゼロです。
通報が終わったら、次にやるのは現場の写真を撮っておくことです。被害の状況を客観的に記録に残しておけば、自分に過失がないことを証明でき、さらに正当な賠償金を受け取ることが可能など利点は多いです。
それから、基本的には現場は保存しなければいけません。道を塞いでしまうなどの理由がない限りは、車などは動かさない方が良いです。

事故処理で覚えておきたいこと

すぐに保険会社に連絡しなければと焦るかもしれませんが、慌てる必要はありません。ただし、事故があった日時や場所、状況などを詳しく伝えないと、保険金が下りない可能性もあります。後日保険会社に連絡をするのに備え、事故があった時のことをメモに書いて残しておきましょう。
そして体に異常があるならすぐに病院へ行くべきですが、そうでないならできる限り警察には協力します。これは被害者や加害者の都合の良い言い分だけで捜査されてしまうのを避けるためです。他にも、警察から求められなくても証拠となりそうなものは提出しておきます。しばらく返却されないケースもありますから、コピーや写真でも構わないならそちらを渡します。
最後に、警察で供述調書というものを作成することになります。これは損害賠償請求の際にも重要になってきますから、曖昧な受け答えはしないように心がけたいです。