ロードサービスってそもそも何なの?

自動車保険を探している時、よく見かける「ロードサービス」という言葉。既にご存知の方もいらっしゃると思いますが、初めて車を購入した方にとっては、どんなサービスなのか疑問に思う部分ではないでしょうか。ロードサービスとは、自動車を運転するにあたって発生する様々なトラブルに対して、迅速に助けてくれるサービスのことです。例えば、人気の少ない道路を走っている時にタイヤがパンクしてしまった時。本当に困ってしまいます。こんな時にロードサービスがあれば、電話一本で助けにきてくれるわけです。これはとても助かることですよね。自動車保険は事故に対する保険というイメージですが、ロードサービスは運転中の様々なトラブルに対応してくれます。

ロードサービスの利用方法について

ロードサービスを利用するためには、まずはロードサービスを提供している自動車保険会社と契約しなければなりません。また、会社によってロードサービスの内容も異なってくるため、どのような時に使えるのか、予め確認しておく必要があります。例えばロードサービスの具体的な活用例としては、インロックしてしまった時、バッテリーが上がってしまった時、自損事故を起こしてしまった時などが挙げられます。想定される自動車トラブルが全て網羅されているかどうかも、重要なポイントです。また万が一の場合に備えて、スマホにロードサービスの電話番号を登録しておきましょう。事故等で運転中にスマホが破損する可能性もあるので、車内の電話番号のメモを置いておくことも必要です。